unconscious 脳

完成しない何かを書くADHD脳の片付かない本棚~Energy is circulating

お金はありがとうのエネルギー

 

「レストランに行く

オムライスが提供される

代金を払う」

 

この一連の動作の中に、

いったいどれだけの人が関わっているのだろう。

テーブルサービスしてくれたスタッフ、オムライスを作ったコック、レシビを考えた人、オベレーションを作った人、教えた人、建築業者、卵やお米を納入した業者、お米農家。

米そのもの、卵そのもの。その生命。

感謝で身体は満たされてゆく。

 

そこに代金を支払っている。

 

感謝の循環。

お金はそういうエネルギー。

 

感謝は出せば入ってくる。

そうやって循環を大きくしてゆく。

 

そう思えるようになってから、不思議なのことがおこっている。

お金が減らなくなった。

どこからか入ってくる。

 

私は2回の倒産にあっている。

お金への嫌悪と深い不安があった。

だからなのかと今ならわかる。

充分なほどの収入があるはずなのに、どうしてか常にお金が無い状態。満たされない感覚だった。

なぜ、こんなことばかりおこるのだろうと。

お金が嫌いだった。

 

そう、嫌っている人のところに来るはずもない。

 

今、

お金は愛おしい溢れるエネルギーなのだと感じる。

大きく放出したら大きく返ってくる。

この循環は大きくなると根拠もなく確信している。

 

固い塊だったお金が、今は、

手のひらの中で、お金が粒子となり渦状に球体となって動いている。

溢れるように。

 

ありがとう。

 

うん。ほんと、ありがとう。