unconscious 脳

完成しない何かを書くADHD脳の片付かない本棚~Energy is circulating

覚醒への道~執着と断捨離

 

執着のスペシャリストの道を歩んできた。依存と言ってもいい。

 

これを活かし、仕事やスポーツに良い結果を出してきた。笑。

 

ともあれ、この一週間ほどしてきた断捨離の全貌が見えてきた。もちろん、まだ難関があり、これを続けることでさらに見えることがありそうだ。

 

 

片付けするから、棚を買おう!Amazonチェック!というのが今までの流れだ。

 

今回はまずは捨てることを最優先した。

まずは大型ゴミの処理。

だれもが断捨離への足が遠のくポイントだ。

まずその費用。私の住む地域は400円の券を購入し、予約をしなければならない。

私「一枚400円かあ、もったいないなぁ〰️」

天の声「そういうとこそういうとこ」

意を決して、コンビニで10枚買う。

これを「断捨離券」と名つけ、得られることはもっと多いと信じる。

次に一体いつどこにどうやって出すのか。

電話をする。その地域の回収日はいついつですので、それまでに、サイズを計りそれにあう券をはり、番号を記入、何を出すのか2日前までに電話を下さい。

ちなみにテレビはさらに面倒くさい。

このスケジュールを作ることが、もう辛い。

私「むりっ」

天の声「そういうことそういうとこ」

というわけで、仕事の休みをとった!これはひとつ成長。依存人間、ワーカホリックの私の変化のひとつ。すごい。

 

私は私の時間を何で埋めてたの?と。

 

どんどん捨ててゆく。

棚やチェスト、クローゼットの恐ろしさを知ることとなる。あと、100円ショップの箱。ステキな缶の入れ物。

目に見えないものは、使われないまま溜まりに溜まる。滞る。ムダのラッシュ。

同じものがいくつも出てくる。例えばのり。

整理する為のものが、無駄を溜める場所になっていることを知る。

 

捨てた。捨てに捨てた。

 

さて、このタイミングでとある断捨離の第一人者的人のYouTubeがオススメで入ってくる。

薬の話だ。

 

以前に病気になり、その時処方された薬が良く効いたのだそうだ。なので、その薬をとっておく。もう治っているのだが、とっておく。

また、その病気になるかもしれないと。

 

ドキとする。

 

病気になるかもしれないという不安がそうさせる。その不安は未来への確約です。

自己信頼が足りてない。それが原因ですと。

 

もったいないから、とっておく。もしかしてそうなるかもしれないという不安がそうさせる。それは現実化する。

 

激しくドキドキした。

 

しっかりととっおいた薬がある。前日まで悩みに悩んでギリギリまで少なくして。それでも捨てられなかった。

睡眠導入剤胃潰瘍になった時から8年続けている薬。この薬が無ければ不安だった。本当に不安だった。

これさえ飲んでいたら、まあ、どうでもなると。

 

瞑想をはじめて、私はこの薬を飲まなきゃいけないくらい、私が私を私の身体を痛め付けてきたのだと、ごめんねと。

私の魂の器をボロボロにしていた。

そう思った時から、薬を止められたのだった。それでも捨てられなかった。

 

こんどこそ、捨てた。

 

えらい。

 

そうすると、

もうほら大丈夫、と何かがささやく。

 

 

これは、何にでも言えることではないか。

また、部屋を見渡してみる。まだまだ捨てられる。

 

服、カバンをさらにチェックする。

もったいなくて捨てられないもの。

私を信じてみる。今これを捨てても、さらにステキな物が手にはいる。ステキなものだらけになると。

 

そして、もうひとつのメッセージを目にする。

妥協して買ったものに囲まれていると妥協した人生になると。

 

何となく100円ショップで買ったのもの。Amazonで買った安い服。そうだ、いつのまにか妥協の人生歩んでる。

 

全て捨てよう。

ここから私の選ぶステキなものだけにしよう。そしてそうなってゆく。

 

断捨離は自己信頼だ。

 

 

 

さて、私の執着と依存は何からきているのか、深層が見えてくる。

 

まだ、捨てられないものがある。

それについてはまた。

 

少しずつ、循環している。

 

聞いてくれて、ありがとう。