unconscious 脳

完成しない何かを書くADHD脳の片付かない本棚~Energy is circulating

覚醒への道~ADHDと瞑想~

ADHDの脳は目まぐるしい。

 

溢れてでる文字達は手にとって熱く、冷たく、時に脆く、ふわっと透明になったかと思うと、水をびっちひ含んだように重い。

これらはそれ自体バラバラに動き始める。

カバンに詰めようとしてもはみ出したり、すり抜けたり、持とうとすると尋常ではない重さになる。

このことを誰かに説明出来るだろうか。

 

やはりどうにかカバンに詰めこむよりない

理解されない文字はどこにも消化されない。

 

 

点と線の感覚が強かった、ずっと。

それは真っ直ぐに張り詰めた線、そして点。

点は無限であり、ゼロだ。

このブログのunconsciousはもう30年ほど前、学生の頃にに小さな携帯ガラケーで作ったHPの名前。

もうそれが無くなると知ってコロナをきっかけに、その頃の文章を引っ張り出していくつか上げていった。

 

やがて、感覚はキューブになった。積み上げられたキューブの上に立っている感覚。それはエンドレスで回る。なぜなら、全てが違う色であったり、全てが同じ色だった。

ぐらつく安定しないキューブ。足元はいつも不安定だ。

 

 

宇宙は猛スピードで回る。目眩のように。その感覚は今でも変わらない。

 

 

球体。

そう、球体を感じるようになったのは、いつからか。

ああ、全ては球体で回る。循環している。と感じた時の興奮はなかった。

ニコラ・テスラフラワーオブライフ、トーラス、カタカムナ、陰陽、曼陀羅、フィボナッチ、子宮

それはエネルギーだ。隠されたエネルギー。

それが、ここにある。ここに。

外ではない、内にある。

 

 

私の脳内と外の人格がバラついていた。いや、今もまだ。

カバンは抱えたままで。

 

 

えと、最初のテーマは何でしたか?

基本、直しなく書いて投稿するので、最初書こうと思っていたことからいつも余裕でズレてゆきます。

それで、オッケーとして下さい。

 

そう、スピリチュアルやヨガの講習を受けようと思ったのには、球体への繋がりをとても感じたから。

量子、次元上昇、潜在意識、パラレル、統合、チャクラ、

何か一点に繋がる気がする。

 

 

はじまりは瞑想だった。

瞑想で驚きの連続が始まる。

 

そのうちの、ひとつ。

脳の落ち着き。

集中出来る。余裕が出来る。

いつも時間に追われていた。

上手く瞑想出来た時は、時間がサプライされるのだ。

 

時計を見るのが苦手だった。

少し具合が悪くなる。

あの一定の周期で回るということが、どうにも逆に歪められている感覚だ。

一定なわけがない。

 

瞑想でわかることは、時間は一定ではないと証明されることだ。きっとこれは操作出来るようになるのではないか。

 

ADHDの方には瞑想をおすすめします。

いや、ADHDと一つにテゴライスするわけではなく、個は個でしかないけれど、

もしも、枠に入っていたなら、早く抜け出るべきだし、これからはあなたの時代だから。

 

瞑想の凄さは、苦手な日常を深掘りさせられる。ふんわりしたものから強固なものになってゆく。それを今体感している。

それは、グラつかない足元への一歩になる。

 

 

 

眠くなりました。

おやすみなさい。

 

もうこんな時間てすね。